Compagnie Pal Frenak  | Foundation for Contemporary Dance and Sign Theater - HU18093982 | privacy policy & cookies policy | info@frenak.hu

~生きるよろこび~

京都支部では、マリ子ダンスシアターと共催で、「DANCE OF DEATH ~生きるよろこび~」京都公演(3公演)を開催します。


ゲストダンサー パル・フレナック(Pal Frenak)

ブダペスト生まれ。ハンガリー国立バレエ団でソリストとして活躍。

1989年パリに移住し、自らのカンパニーを設立。1999年拠点をフランスとハンガリーの双方に置き、活動の幅を拡げる。1998年京都ヴィラ九条山アーティスト・イン・レジデンスに派遣された際、マリ子ダンスシアターにおいて1カ月間ワークショップを行なう。2000年関西日仏学館の協力を得て、日仏共同制作で共に京都公演を開催。2006年にはブダペストのSziget Festivalにて高安マリ子らと共演している。

監督・振付け: 高安マリ子

照明: 松岡末明(アートブレーンカンパニー)

舞台監督: 吉村昭治(京都文化財団) 音響: 堂垣正昭(アートステージ)

映像: William Gambell

出演: 京都市聴覚言語障害センター若木寮の仲間たち(23日14時の部のみ)、一般公募によるダンサー



Link: https://www.jpf.go.jp/j/about/archive/information/2009/0909/09-01.html